風俗トラブル対処ガイド~サイトマップ~

分からないことはここで聞いてみよう↓

風俗トラブル対策ガイドTOPみんなの風俗体験談6

みんなの風俗体験談 6

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

ピンサロで30分間クンニ責め

H.N:Elebu 性別:男 年齢:36

私は超がつくほどのクンニ好きであり、ピンサロ利用時には嬢にひたすらクンニ責めをするくらいです。私の場合、嬢に奉仕してもらうというスタイルよりも、自分が嬢をイカせたい、気持ち良くさせたい!潮吹きさせたい!そんな思いのほうが強くあります。以前、ピンサロで30分間クンニだけをしたことがあるほど、私はクンニをしたいのです。嬢に苦笑されることもあり、「奉仕しなくて大丈夫ですか?」と聞かれることもしばしば。

でも、私は嬢を責めたいため、自分は二の次でも良いのです。これまでに嬢を潮吹きさせた経験も豊富で、クンニを磨くことだけを考えてピンサロを利用します。男からしたら、「クンニだけで満足できるの?」と思うでしょうけど、私は十分に満足できます。クンニをするということは嬢は全裸の状態なので、女の子の裸を見て楽しむこともできますし、感じている顔を見ながら楽しむことも可能です。女の子が感じている姿を見れば、私は大満足なのです。

男だと一度イクと回復するまでに時間がかかりますし、一度抜けば賢者タイムとなって抜け殻になる人もいます。ですが、女の子の場合、何度でもイケるため、私のクンニ責めで連続でイカせることもできるのです。クンニがかなり弱い子もいれば、私のクンニを喜んでくれて5回以上イク嬢もいるほどです。ピンサロ嬢は比較的反応が良い子が多いので、クンニをやる価値があります。

また、女の子によってクリ派か中派か違うので、ピンサロを利用するときは、いつも女の子にクリ派か中派のどちらであるか聞いているのです。でも、中派の子のほうが多いため、私は中を責めることが多いですね。女の子の花園の中に私のねっとりとした舌を入れ、全力でかき回します。無臭の子もいれば、若干臭いがある子もいるのですが、クンニ好きの私はどちらでも問題ありません。

むしろ、少しくらい臭いがきついほうが興奮するほどです。おまんこが臭いのは嫌だという男性は多いですけど、それはもったいないですね。クンニをしてもらいたいと思っている女の子はすごく多いので、やらないのはかわいそうです。男はフェラをしてもらっても、クンニをしてくれないと不満を持つ女の子って意外と多いのです。だから、クンニをできるだけ女の子にするようにしてください。ピンサロでも愛情表現としてオキニにクンニをするのも良いですし、タイプの子ならば、特に入念にクンニをしてみるのも良いでしょう。

私はどの女の子にもクンニをしているため、いつも30分以上ピンサロでクンニしています。もちろん、全部の時間をクンニに使う必要はないですが、クンニ好きな男性ならば、試してみてはいかがでしょうか。女の子によって全然反応が異なるので、それを見るだけで楽しめます。ほとんど声を出さない子もいれば、ビックリするくらい感じてくれる子もいるのです。私は声を出して感じてくれる子のほうが好きですね。やっぱり、クンニで感じてくれれば嬉しいです。クンニ30分責めをすれば、ほとんどの女の子は感謝してくれます。女の子からしても、奉仕するよりも楽だと思うので、私のようなクンニばかりする客はウェルカムかもしれないですね(笑)

私はいつからか、クンニばかりするようになっていたのです。20代前半の若いときは、風俗を利用すればフェラや手コキもしてもらっていましたし、他のプレイもしていました。それが、気がついたときはクンニばかりするようになっていたのです。30分コースならば30分間ずっとクンニ、40分や50分コースならば、40分、50分間ずっとクンニをします。最後にキスをしますが、それ以外はクンニのみです。クンニフェチとして、私はこれからもピンサロでクンニ責めをします。

道具は使わず、ひたすら口と手を使ってクンニするだけですが、これがかなり楽しいのです。最もクンニをしていて嬉しいのが、剛毛のおまんこにあたったとき。私はパイパンよりも剛毛の子が好きなので、剛毛のおまんこを舐めるのが大好物。パイパンのほうがクンニをしやすいですが、剛毛の子をクンニするほうが私は嬉しいです。たまに、かなりの剛毛嬢がいるため、指名しがいがありますね。パイパン嬢も多いですけど、私の願いはパイパンにはせず、おまんこの毛を伸ばしてもらいたいです。剛毛の子ならば、よりクンニをしたくなるのです。

今さら聞けない風俗の疑問・質問を解決!

分からないことはここで聞いてみよう↓

風俗Q&Aドットコム
ページ上部へ